死海一周旅行記 1. ベン・グリオン国際空港 @ イスラエル

こんばんは。
M@RCOです。

7/15から7/25までイスラエルとヨルダンを旅行してきました。
死海一周旅行記と題してレポートします。
また長くなりますが、お付き合い願います。

初回は成田出発からイスラエルのベン・グリオン国際空港までです。
c0037611_2365587.jpg




<<写真クリックで拡大>>

7/15の朝5時に起き、成田空港へ。
今回の航空券は大韓航空でイスラエルのテル・アビブにあるベン・グリオン国際空港往復です。
定刻通り成田を出発し、まずは経由地のソウル、インチョン国際空港へ。
c0037611_2371892.jpgc0037611_2373259.jpg


インチョンでは乗継時間が約4時間。
免税店を覗いたり、休憩所で寝たり、インターネットをして過ごしました。
昼飯は食べたかったサムゲタンを。
c0037611_23111161.jpgc0037611_23111928.jpg


ソウルからテル・アビブまで飛行時間は約12時間。
シートの並びは2-4-2。満席ではなく、隣は空いていました。
はやりイスラエルへ行く飛行機なので、ユダヤ教の人も何人か乗っていました。
ユダヤ教の人専用の機内食があるんですね。
私は普通にビビンバにしました。
機内食でビビンバが出るとは、さすが大韓航空。しかもワカメスープ付。
長距離フライトなのに個人モニターじゃないのでとても退屈。
しかも機内食2食におやつのおにぎりまで食べちゃった。食って寝ての繰り返し。
c0037611_23242546.jpgc0037611_23243521.jpg


そうこうしているうちにイスラエルの空の玄関、テル・アビブ【Map】にあるベン・グリオン国際空港に到着しました。
現地時間の夜10時半です。
飛行機を降りて、入国審査に向かいます。
この長い通路の向こうに世界一厳しい入国審査が待っています。
イスラエルと対立している中東諸国の入国履歴があると厳しく尋問されます。
審査官は若いきれいなおねえちゃんばっかり。どこに並ぼうか迷います。
c0037611_2327187.jpg


私の番がきました。

シャローム。(ヘブライ語でこんにちは。)
(パスポートを1ページ1ページ確認される。)
イスラエルへ来た目的は?
観光です。
え?何?
観光です。(自分の発音が悪いのかな??)
滞在日数は?
約10日間です。
どこへ行くの?
明日、エイラートへ行きます。あとエルサレムへ。
グループ?
いや、ひとりです。
何言ってるか分からないわ。後ろの部屋で待ってなさい。あとで呼ぶから。
えっ。。。

あえなく審査に撃沈し、後ろの部屋で待機することに。
部屋には数人が待っていました。
しばらく待っていると呼ばれました。次はおじさんによる尋問です。

目的は?
観光です。
滞在日数は?
10日間です。
帰りの航空券は?見せなさい。
はい。7/25に日本へ帰ります。
どこへ行く?
エイラート、エルサレム、あとヨルダンのペトラです。
ホテルは?
予約していません。これから探します。
しばらく待ってなさい。

しばらく待っていると私のパスポートを持ったおばさんが呼びにきて、パスポートを返してくれました。
パスポートにばっちり入国スタンプが押されてました。
これでようやく入国できます。

荷物を取りに行くと、ベルトはとっくに止まっていました。
自分の荷物を取って、トイレで歯を磨くことに。
両替所があったのでレートをチェックしているとセキュリティに捕まりました。。。

セキュリティだ。パスポートを見せなさい。
(すんなりパスポートを渡す。)
旅行の目的は?
観光です。
どこへ行く?
明日、エイラートへ行きます。あとエルサレムを観光します。
エイラートへはどうやって行く?
飛行機です。国内線を予約しました。
飛行機?どうやって予約した?誰が予約した?
私がWEBで予約しました。(国内線のチケットを見せる。)
こっちへ来なさい。
えっ。。。

別のセキュリティが現れた。

目的は?
観光です。
どこから来た?
日本です。
どこから来た?
え?日本ですけど。。。
もう1度聞く。どこから来た?
東京からソウルを経由して来ました。
なぜトリップしている?
トリップ?え?観光です。
もう1度聞く。なぜトリップしている?
ん?え?
おまえはここで何をしている?
いや、別に。荷物を取って、トイレへ行っただけですけど。。。
いいか、おまえはここで何をしている?
え?何もしていませんが。ただトイレで歯を磨いただけですけど。
荷物を取って、なぜさっさと外へ出ないんだ?
だから、トイレで歯を磨いて、レートを見てただけ。。。
荷物を取ったなら、さっさと出ろ。
はい。。。

というわけで、ベン・グリオン国際空港では荷物を取ったらさっさと出ましょう。
外に出るのに1時間以上かかりました。。。

ベン・グリオン国際空港は24時間開いています。
翌日の国内線が朝早いので到着ロビーで過ごすことに。
数分おきに『建物内は禁煙です。』と
『殺人兵器の持込は禁止します。』
というアナウンスが流れます。
殺人兵器の持込禁止って。。。さすがイスラエルだと思いました。
椅子でウトウトしながら国内線出発まで待ちました。
c0037611_03252.jpgc0037611_03881.jpg


朝6時過ぎに国内線ターミナルへ。
テル・アビブから南のリゾート地エイラートへ行きます。
国内線チェックインの前にまた尋問が。男性係員が近づいてきました。

パスポートと航空券を。
はい。
目的は?
観光です。
イスラエルにはいつ来たの?
昨日の夜です。
滞在日数は?
10日間です。
エイラートに10日間も?何するの?
いや、エイラートは今日だけで、ヨルダンのアカバへ行きます。
ペトラを観光して、またエイラートに戻る予定です。
わかった。

続いて女性係員が。

目的は?
観光です。
荷物は誰がパッキングした?
私です。
中に刃物や危険物は?
ありません。
荷物に誰か近づいた?
いや、誰も。
荷物はどこに置いた?
常に私のそばにありました。
(女性係員は韓国留学時のビザのページを開いて、さっきの男性係員と話しだした。)
荷物をX線にかけて。

荷物をX線にかけて終わりかと思ったら、今度は中身を全部チェックされることに。。。

中身を出して。
はい。
(数人の係員がブラシのようなもので荷物を擦り、何やら機会で照合していた。)
あなたカメラ?
そうです。
動くの?
もちろんです。
最後に何を撮った?
この建物の概観を撮りました。
あ、そう。
(執拗にカメラを見て、レンズを外したり、写真を撮ったりしていた。)
荷物検査は終わりです。しばらく待ってなさい。

チェックインが始まり、チェックインすることはできました。
が、搭乗する客の中で私だけ別室で金属検査。
別の男性係員に連れて行かれた。

目的は?
観光です。
ポケットの中を全部出して。
はい。
財布の中のコインを出して。
はい。
よし、OK。行っていいです。

ようやく国内線に乗ることができました。
こんなに長いチェックは初めてです。気をつけましょう。
寝不足もあって、むちゃくちゃ疲れました。

飛行機を待っていると、イスラエルの家族から声をかけられた。
ヤリン君(左写真:赤Tシャツ)に歩き方に書いてある日本語を見せたら、紙に書き始めた。
ヘブライ語はアラビア語と同じで右から左へ書きます。
ヤリン君は書かれているひらがなを右から左へ書いていました。。。
c0037611_0251936.jpgc0037611_0252888.jpg


エイラートまでのフライは1時間。
外を見ると砂漠が広がっているのが見えました。
隣に座ったイスラエルのおじさんからいろいろ説明してもらいました。
c0037611_0285831.jpg

c0037611_029851.jpgc0037611_0291668.jpg


エイラート空港に到着です。
少しエイラートを歩いたのでその様子を次回アップします。
c0037611_0311281.jpg


Israel & Jordan 2010

- Top Page -

[PR]

  by marco-adm | 2010-07-15 22:00 | Israel & Jordan '10

<< 死海一周旅行記 2. エイラー... 明日から >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE